Expression Encoder を組み込んだアプリケーションを配布する際のライセンス問題

公開日: : Blog, Microsoft , ,

Windowsアプリケーションにメディア編集機能を実装したい場合に、Expression Encoder SDK という無償ライブラリが有用。

Expression Encoder Proという有償版が存在していたが、現在は販売中止されている。
Proの入手はMSDNサブスクリプションから可能だが、MSDNサブスクリプションのライセンスはあくまで開発用。

無償版のExpression Encoderは現在も入手可能だが、配布条件がよくわからなくて色々調べてみた。

Expression Encoder 4の再配布について。

上記のフォーラム投稿も存在したが、結論がよくわからなかったのでマイクロソフトサポートに問い合わせした。


考慮する点は Expression Encoder と MPEG LA 2点

Expression Encoder

再頒布用ランタイムは用意されていないので、エンドユーザー側でダウンロードとインストールをしてもらう必要がある。
ただし、サンプルコードについては同梱しての再頒布が許諾されている。

MPEG LA

Expression Encoder が許諾されている、VC-1/H.264, MPEG-2 のライセンスは「消費者による個人使用および非商業的使用」が前提。
その他の利用についてはMPEG LAに確認する必要がある。

MPEG LA

Expression Encoder のライセンス条項にも記載がある

15.VC-1 規格および AVC/H.264 規格に関する注意。本ソフトウェアには、VC-1 および AVC/H.264 画像復号テクノロジが含まれる場合があります。このテクノロジについては、MPEG LA, L.L.C. により以下の注意書きを表示することが義務付けられています。
本製品は、消費者による個人使用および非商業的使用を前提として、「VC-1 PATENT PORTFOLIO LICENSE」および「AVC/H.264 PATENT PORTFOLIO LICENSE」に基づき、次の用途に限って使用許諾されます。(i) VC-1 規格および AVC/H.264 規格 (以下「VC-1 および AVC/H.264 ビデオ」といいます) に従ってビデオをエンコードすること、または (ii) 個人使用および非商業的活動に従事する消費者がエンコードした VC-1 および AVC/H.264 ビデオをデコードするか、または VC-1 および AVC/H.264 ビデオを提供するライセンスを有するビデオ プロバイダーから取得した VC-1 および AVC/H.264 ビデオをデコードすること。その他の用途については、明示か黙示かを問わず、いかなるライセンスも許諾されません。VC-1 規格または AVC/H.264 規格に関してご質問がある場合は、MPEG LA, L.L.C. (所在地 : 250 Steele Street, Suite 300, Denver, Colorado 80206、Web サイト : www.mpegla.com) にご連絡ください。
本製品は、「VC-1 PATENT PORTFOLIO LICENSE」および「AVC/H.264 PATENT PORTFOLIO LICENSE」に基づき、使用許諾されます。かかるライセンスは、本製品にのみ、および本ライセンス条項に含まれるその他の通知の範囲内でのみ、適用されます。使用許諾された本製品と共に単一の製品に含まれるかどうかにかかわらず、他の製品に適用されることはありません。詳細情報については、MPEG LA, L.L.C. から入手できます。WWW.MPEGLA.COM をご参照ください。

16.MPEG-2 規格に関する注意。本ソフトウェアには、MPEG-2 画像復号テクノロジが含まれる場合があります。このテクノロジについては、MPEG LA, L.L.C. により以下の注意書きを表示することが義務付けられています。
MPEG-2 規格に準拠して本製品を使用することは、以下の場合に直接関連する場合を除き、すべて禁止されています。(A) (i) 事業活動に従事しない消費者より作成され、無償で取得されたデータまたは情報を、(ii) 個人使用の目的のみで使用する場合、および (B) MPEG LA, L.L.C. により別途特定のライセンス許諾を受けたその他の使用による場合。
MPEG-2 規格に関してご質問がある場合は、MPEG LA, L.L.C. (所在地 : 250 Steele Street, Suite 300, Denver, Colorado 80206、Web サイト : www.mpegla.com) にご連絡ください。


最終的には自己責任のもと判断する必要がある。
以下にライセンス条項が存在するので従うと良い。

マイクロソフト ソフトウェアライセンス条項
C:\Program Files (x86)\Microsoft Expression\Encoder 4\Eula.ja.rtf

関連記事

no image

【WPF/XAML】Visibility変更時のアニメーション切替

ストーリーボードを使わずに、Visibility変更でアニメーションを発生させたかった。 やってる

記事を読む

no image

【XAML/VB.NET】XAMLファイルを帳票フォーマットとして使用する

掲題について。結論としてはFixedPageをルートとするXAMLファイルを XamlReader

記事を読む

no image

【ストアアプリ】バックグラウンドタスクを作成する

こんにちは。 Windows.ApplicationModel.Background名前空間を使用

記事を読む

【ストアアプリ】タイル通知(TileUpdateManager)について

こんにちは。 ストアアプリでタイル通知を行う方法を調べました。 前回のトースト通知と

記事を読む

UWPをHockeyApp対応させる

走り書きメモ。 UWPをHockeyApp対応させるためにはNuGetパッケージを使ってモジュール

記事を読む

no image

【ストアアプリ】基本的な印刷手順

Windowsストアアプリにて印刷を行う方法を紹介します。 印刷を行うには印刷コントラ

記事を読む

Visual Studio 2015 Update1 の Xamarin.Forms でインテリセンスを使いたい

Xamarinを触り始めました。 チュートリアルということで、Xamarin.Forms Quick

記事を読む

Minnow Board Turbot + Windows 10 IoT Core をSSD上で動作させる

MinnowBoard は SATAが搭載されているので、SSDなどが利用できる。 通常はSDカード

記事を読む

no image

Windows 10 IoT 系の概要、エディション、入手方法などを一度整理

Windows 10 IoT にここ最近振り回されているので、ここまで解釈した内容にて、まとメモ 正

記事を読む

no image

【VB.NET】async および await キーワードの使用

.NET Framework4.5(C#5.0, VB11.0)の新機能 Async/Awai

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑