UWPをHockeyApp対応させる

公開日: : Blog, Microsoft , , ,

走り書きメモ。

UWPをHockeyApp対応させるためにはNuGetパッケージを使ってモジュールを取得し、Configureしてマニフェスト編集して、など記載されているがVisualStudio2015からポチポチでいけるのでメモ。
https://www.hockeyapp.net/blog/2016/02/15/hockeysdk-for-uwp-apps.html

ユーザー登録

https://www.hockeyapp.net/features/
[SIGN UP FREE]からユーザー登録(クレジットカード不要)する。
登録後1か月は無料で制限なしでの利用が出来る。
それ以降はフリープランの場合は2アプリまで。
2アプリまでだがそれ以外の制限はないので何バージョンでも何ユーザーでも配布できるらしい。
アプリケーション登録はこの時点ではしなくて良い。

HockeyApp対応

UWPアプリケーションは作成済みとする。

ソリューションエクスプローラーからHockeyAppでトラッキングするアプリケーションプロジェクトを右クリックし、[HockeyApp(H)] -> [Enable Crash Analytics…] を選択し、HockeyAppアカウントを入力する、Microsoftアカウントと紐づけてもいいし、トークンを発行することで別のメールアドレスを利用することもできる。
hockey1

これで終わり。
マニフェストの編集からAppIDの取得とアプリでの設定など全て自動でやってくれる。
この時点で、ハンドルされなかった例外はHockeyAppでトラッキングされるようになってる。
(WPFやWinRTの場合は手動でコードの実装が少し必要だが、UWPは不要)

デプロイ

※事前にアプリケーションのパッケージングは済ませておく。
Windows 10 のユニバーサル Windows アプリをパッケージ化する

配信する際は、またソリューションエクスプローラーから操作する。
[HockeyApp(H)] -> [Distribute App…]
hockey2

パッケージングしたフォルダを指定する。
「テスト担当者に通知する」をチェックするとUserで追加したメンバーに通知される(らしい)

hockey3

リリースノートを作成する。
これはテスターがダウンロードする際の配信ページに表示される。

hockey4

しばらくしたらアップロードされる。

hockey5

[HockeyApp(H)] -> [Open Portal] からHockeyAppポータルページに移動できる。

hockey6

[Private Page]からダウンロードできる。
フィードバックもここから行う。

hockey7

個別のトラッキング実装

HockeyClient.Currentインスタンスの各メソッドを使うことでアプリケーションの情報収集が出来る。
HockeySDK.UWPのv4.0.0では下記メソッドは使えないのでNuGetでパッケージモジュールを最新にしておくこと。

  • TrackEvent
  • TrackTrace
  • TrackMetric
  • TrackPageView
  • TrackException
  • TrackDependency

まだ色々使いながら監視している段階だけどApplicationInsightと同じ使い方で良さそう。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/app-insights-api-custom-events-metrics/

関連記事

no image

KeyboardNavigation以外でFocusVisualStyleを表示させる

WPFです。 結論としてはリフレクションで無理やりやれなくはなさそうという感じ。 元ネタはMSDN

記事を読む

初心者でも手順どおりに従うだけでロゴ画像が作れる

Webサイトを作ったので、ここを参考に ロゴ制作の練習をしました。  

記事を読む

no image

【.NET】イベントのサブスクライブとサブスクライブ解除

.NETでイベントをハンドルする方法 サブスクライブ void CustomEven

記事を読む

no image

【Swift】SecItemCopyMatchingで複数件を処理

SecItemCopyMatchingを使ってKeyChainからデータを取得する時に 全件取得し

記事を読む

no image

UWPのScrollViewerでスクロール位置の同期を行うメモ

複数のScrollViewerのスクロール位置を同期したい場合、WPFではScrollChanged

記事を読む

Package ‘Win10SDK_10.0.14393.33,version=10.0.14393.3300’ failed to install.

Visual Studio 2017 RC1 でUWPアプリケーションのコンポーネントインストールす

記事を読む

no image

【XAML/VB.NET】XAMLファイルを帳票フォーマットとして使用する

掲題について。結論としてはFixedPageをルートとするXAMLファイルを XamlReader

記事を読む

no image

Raspberry Pi 3 Model B 各OS、動画プレイヤーでの再生比較

ベンチマークではなく、ただ感想をメモしただけ。 Windows 10 IoT Core C#

記事を読む

no image

RPi3 OmxPlayer / VLC Player 連続再生2回目から映像が乱れる問題

Raspberry Pi 3 Model の Ubuntu や Raspbian で OmxPlay

記事を読む

no image

Xamarin.Android フルスクリーン

自分用メモです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑