UWPとAzure Web AppsでOData

公開日: : 最終更新日:2016/07/16 Blog, Microsoft , , , , , ,

超メモ。走り書き。
Azure上にSQLデータベースコードファーストなAPIをODataで作成する。
UWPからODataClientを利用し、出来る限り最小限の手順でクラサバ間のデータアクセスを試みるメモ。

バックエンド(Azure + ASP.NET WebAPI + OData + EntityFramework Code First)

プロジェクト作成

  • [プロジェクト] -> [新規作成] -> [プロジェクト] -> [ASP.NET Web Application(.NET Framework)]
  • ASP.NET 4.6.1 テンプレート:Web API (or 空+WebAPIにチェック)
  • AppService作成時にSQLデータベースは作成しない(何故かこの環境だと失敗する…)
    “No registered resource provider found for location …”

モデル作成

  • Modelsを適当に作成しておく

コントローラー作成(スキャフォールディングで作ってみる)

  • スキャフォールディング使用にあたって、ここで一度ビルドしておく
  • 拡張機能と更新プログラムでインストール:OData v4 Web API Scaffolding
  • Controllers -> [追加] -> [新規スキャフォールディングアイテム] -> [Microsoft OData v4 Web API Controller Using Entity Framework]
  • 対象のモデルと任意のコンテキスト入力

EdmModelの登録

public static void Register(HttpConfiguration config) 
{ 
    config.MapODataServiceRoute( 
        "ODataRoute", 
        "odata", 
        GetEdmModel()); 
} 

public static IEdmModel GetEdmModel() 
{ 
    var builder = new ODataConventionModelBuilder(); 
    builder.Namespace = typeof(WebApiConfig).Namespace; 
    builder.EntitySet<Contact>("Contacts"); 
    return builder.GetEdmModel(); 
} 

マイグレーション

  • [ツール] -> [NuGetパッケージマネージャー] -> [パッケージマネージャーコンソール]で以下を入力
  • enable-migrations
  • add-migration Initial
  • Migrations\Configration.csファイルを編集し、初期データを準備
protected override void Seed(ContactManager.Models.ContactManagerContext context)
{
    context.Contacts.AddOrUpdate(p => p.Name,
       new Contact
       {
           Name = "Debra Garcia",
           ...
       },
       ...
        new Contact
        {
            Name = "Diliana Alexieva-Bosseva",
            ...
        }
        );
}
  • パッケージマネージャーコンソールで以下を入力
  • update-database

SQLデータベース作成

  • AzureポータルからSQLデータベースの新規作成を行う
  • 管理画面から接続文字列をコピー

Azureへデプロイ

  • [公開] -> [Microsoft Azure App Service] -> 設定タブ.データベースで作成したSQLデータベースの接続文字列を貼り付け
  • データベースを更新する、にチェック
  • 発行

クライアント(UWPアプリ)

プロジェクト作成

  • [プロジェクト] -> [新規作成] -> [プロジェクト] -> [空白のアプリ(ユニバーサルWindows)]

拡張機能と更新プログラムでインストール:OData v4 Client Code Generator

OData Clientの追加とT4テンプレート実行

  • [追加] -> [新しい項目] で、[OData Client]を追加
  • 追加されたttファイルの MetadataDocumentUri にデプロイしたWebAppsのURL + “/odata”を指定
  • 保存するとWebApps上で公開したエンティティ等が作成される。

データアクセス

  • 参照
private async void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    var context = new Container(new Uri("http://xxx.azurewebsites.net/odata"));
    foreach(var record in await context.Contacts.ExecuteAsync())
    {
        list.Items.Add(record.Name);
    }
}

[参考]
神様1
神様2
http://www.asp.net/web-api/overview/odata-support-in-aspnet-web-api/odata-v4/create-an-odata-v4-endpoint
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/web-sites-dotnet-rest-service-aspnet-api-sql-database/
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/sql-database-develop-dotnet-simple/

関連記事

no image

macOSのVSTSビルドエージェント構築過程で、type initializeで例外が発生し接続に失敗する問題の対応

macOS Sierra (10.12.4) Deploy an agent on OSX Xa

記事を読む

no image

【XAML/VB.NET】XAMLファイルを帳票フォーマットとして使用する

掲題について。結論としてはFixedPageをルートとするXAMLファイルを XamlReader

記事を読む

NetworkOperatorTetheringManager を使って、モバイルホットスポットをアプリケーションから構成する

UWPアプリケーションからテザリングアクセスポイントの構成を行ったメモ テザリングの Networ

記事を読む

no image

【ストアアプリ】基本的な印刷手順

Windowsストアアプリにて印刷を行う方法を紹介します。 印刷を行うには印刷コントラ

記事を読む

no image

【解決】Visual Studio 2015 Update1 の Xamarin.Forms でインテリセンスを使いたい

前回保留になっていた問題が解決したのでメモっときます。 Visual Studio 2015 Up

記事を読む

Xamarin.Forms出力バイナリのメモ

iOS -> .ipa, Android -> .apk ipaファイル作成方法 ソリュー

記事を読む

VisualStudio2015でiOSアプリケーション開発

こんにちは。 Windows10にアップグレードしました。 VisualStudioも201

記事を読む

no image

Visual Studio 2017 Version15.2 にアップデート後、Xamarin.iOS でビルドエラーが発生時の回避メモ

環境 Visual Studio Enterprise 2017 Version 15.2

記事を読む

no image

【Swift】SecItemCopyMatchingで複数件を処理

SecItemCopyMatchingを使ってKeyChainからデータを取得する時に 全件取得し

記事を読む

Visual Studio 2015 Update1 の Xamarin.Forms でインテリセンスを使いたい

Xamarinを触り始めました。 チュートリアルということで、Xamarin.Forms Quick

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑