YomiganaWPFTextBox

公開日: : 最終更新日:2015/10/20 Blog, Microsoft , ,

こんにちは。

WPFでテキストボックスに入力した内容をカナ変換する方法について今日は掲載します。

少し調べると出てきますが、おそらく以下のどちらかの方針になるでしょう。

  • GrapeCityのInputManを使う
  • YomiganaWPFTextBoxを使う

InputManは持ってなかったのでYomiganaWPFTextBoxを今回は使ってみました。
注意点などと合わせて備忘録として残しておきます。

まずは、International Packをダウンロードする必要があります。

YomiganaWPFTextBox.dllへの参照を追加しView作成

 

<Window x:Class="YomiganaTest.MainWindow"
        xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
        xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
        xmlns:yomigana="clr-namespace:Microsoft.International.Windows.Controls;assembly=YomiganaWPFTextBox"
        Title="MainWindow" Height="350" Width="525">
    <Grid>
        <Grid.RowDefinitions>
            <RowDefinition />
            <RowDefinition />
        </Grid.RowDefinitions>
        <yomigana:YomiganaWPFTextBox
            Grid.Row="0" x:Name="txtKanji" Margin="10"
            TextCapturedPreferredConversion="ToHalfwidthKatakana"
            YomiganaChanged="txtKanji_YomiganaChanged" />
        <TextBlock
            Grid.Row="1" x:Name="txtKana" Margin="10" />
    </Grid>
</Window>

コードビハインドで読み仮名の取得と設定を行う。
注意点はENTERキーも改行として読み仮名取得される。
私はENTERキーでフォーカス遷移するビヘイビアを併用していたため、
常に末尾に改行コードが設定されていた。
今回のテキストボックスは単一行なので改行コードを削除させることで解決。
半角カナを取得する際に、数字はそのまま全角で取得されてしまうので併せて変換した。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Data;
using System.Windows.Documents;
using System.Windows.Input;
using System.Windows.Media;
using System.Windows.Media.Imaging;
using System.Windows.Navigation;
using System.Windows.Shapes;

namespace YomiganaTest
{
    /// <summary>
    /// MainWindow.xaml の相互作用ロジック
    /// </summary>
    public partial class MainWindow : Window
    {
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void txtKanji_YomiganaChanged(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            this.txtKana.Text = Microsoft.VisualBasic.Strings.StrConv(this.txtKanji.TextCaptured,
                                                                      Microsoft.VisualBasic.VbStrConv.Narrow).Replace("\r", "");
        }
    }
}

MVVMパターンの場合は配島様の以下を記事を参考にされると良いでしょう。
http://www.makcraft.com/blog/meditation/2014/06/08/get-the-yomigana-in-wpf-2/

関連記事

no image

Windows8.1 64bitにVB6.0開発環境を構築メモ

MSDNフォーラムの、この投稿はとても素晴らしいです。 windows 8 64bit

記事を読む

Xamarin.Androidで起動時にアプリケーションを起動

RECEIVE_BOOT_COMPLETEDの権限必要 ActionBootCompleted を

記事を読む

no image

【.NET】イベントのサブスクライブとサブスクライブ解除

.NETでイベントをハンドルする方法 サブスクライブ void CustomEven

記事を読む

no image

【TFS2013】Visual Studio 2005 Professional から TFS2013へ接続

こんにちは。 私の周りではいまだにレガシーな開発環境を使いつづけているプロジェクトが多いです。

記事を読む

拡張メソッドは、非ジェネリック静的クラスで定義される必要があります

単純にメッセージどおり。 public static class BaseExtensi

記事を読む

【WPF/XAML】テキストボックスをテキストエリアにする

XAMLのTextBoxをHTMLのTextAreaのように表示・動作させる方法 <

記事を読む

【ストアアプリ】トースト通知の基本

Windowsストアアプリ開発での基本。 トースト通知について投稿します。 Pack

記事を読む

no image

Xamarin.Forms.Xaml名前空間のXAMLマークアップ拡張のメモ

MarkupExtensionsのメモ。あとで確認用 ArrayExtension Bindin

記事を読む

ストアアプリ、UWPアプリをデスクトップアプリケーションから起動する

SendKeyなどを使って無理やり検索ウインドウへ指定した、起動方法しか知らなかったのでメモ(とんで

記事を読む

no image

【XAML/VB.NET】XAMLファイルを帳票フォーマットとして使用する

掲題について。結論としてはFixedPageをルートとするXAMLファイルを XamlReader

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑