【Swift】SecItemCopyMatchingで複数件を処理

公開日: : 最終更新日:2014/11/04 Blog ,

SecItemCopyMatchingを使ってKeyChainからデータを取得する時に
全件取得したかったのだが、取得したデータをどう加工すれば良いかわからなかった。

.NET Frameworkの感覚で、
Objective-cとSwiftを理解せず進めたのがまずいなと感じはじめた。
言語がなんだろうと問題ないべと思っていたのは慢心であった。

    class func GetAllKey() -> [SaveRecord]?
    {
        var query = NSMutableDictionary(
            objects: [
                kSecClassGenericPassword,
                kCFBooleanTrue,
                kCFBooleanTrue,
                kSecMatchLimitAll
            ], forKeys: [
                kSecClass,
                kSecReturnAttributes,
                kSecReturnData,
                kSecMatchLimit
            ])
        var result: Unmanaged<AnyObject>?
        let status: OSStatus = SecItemCopyMatching(query, &result)
        if status == errSecItemNotFound
        {
            return nil
        }
        let retrievedData: NSArray = result!.takeRetainedValue() as NSArray
        var returnList: [SaveRecord] = []
        for current in retrievedData {
            var currentDic: NSDictionary = current as NSDictionary
            //キーの取得
            var key: String = currentDic.objectForKey(kSecAttrAccount) as String
            //値の取得(ここではNSData)
            var value: NSData = currentDic.objectForKey(kSecValueData) as NSData
            var ro: RecordObject =  NSKeyedUnarchiver.unarchiveObjectWithData(value) as RecordObject
            var sr: SaveRecord = SaveRecord(asKey: key, aoData: ro)
            returnList.append(sr)
        }
        return returnList
    }

手探りで実装したので不要な変数など冗長な部分が多いが
ここでは無視。

処理の前後関係をメモしておくと、
SaveRecordはRecordObjectを保持する
RecordObjectはNSData型との変換を行ってキーチェーンに保存したいので
NSCodingインタフェース(プロトコル?)を実装している。

public class RecordObject: NSObject, NSCoding{
    var psTitle: String
    var psId: String
    var psPassword: String
    init (asTitle: String, asId: String, asPassword: String)
    {
        psTitle = asTitle
        psId = asId
        psPassword = asPassword
    }
    public required init(coder aDecoder: NSCoder) {
        self.psTitle = aDecoder.decodeObjectForKey("title") as String
        self.psId = aDecoder.decodeObjectForKey("id") as String
        self.psPassword = aDecoder.decodeObjectForKey("pass") as String
    }
    public func encodeWithCoder(aCoder: NSCoder) {
        aCoder.encodeObject(self.psTitle, forKey: "title")
        aCoder.encodeObject(self.psId, forKey: "id")
        aCoder.encodeObject(self.psPassword, forKey: "pass")
    }
}

SecItemCopyMatchingの第二引数はUnmanaged
queryのkSecMatchLimitがLimitOneの時はNSDictionary
LimitAllの時はNSDictionaryなNSArrayが取得される

3件キーチェーンに登録されていればNSArrayのCountは3
1件づつ独自データオブジェクトクラスに変換し可変DictionaryにAppendして返却させた

関連記事

no image

Xamarin.Android フルスクリーン

自分用メモです。

記事を読む

【iPhoneアプリ】リリース手順〜審査完了後〜

前回からの続き。 中身が無いアプリだったのでリジェクトされると思いきや 審査に通ってしま

記事を読む

拡張温度に対応した Windows 10 IoT Core ボード

Windows 10 IoT Core 対応ボード その2 こっちは拡張温度対応している。 Ban

記事を読む

no image

UWPでMicrosoft.OData.Clientを使用する時、LINQ式でエラー

UWPからは非同期メソッドを実行する必要があるので、通常はExecuteAsyncをコールするが、

記事を読む

no image

Xamarin.Forms で ScrollView の中に Map を配置したとき、Androidで地図のスクロールが出来なくなる

iOSは問題ないけど、AndroidはScrollViewにタッチを持ってかれてる感じ。 カスタ

記事を読む

no image

【C#, WPF】XMLデータをListViewに表示し、チェック項目のみXML保存させる

前回の続きというか、WPF版。 <Window x:Class="MyWP

記事を読む

no image

Microsoft.OData.Clientでフォーム認証を行う

構成 サーバー ** Azure API Apps ** ASP.NET Web API クライ

記事を読む

no image

【.NET】イベントのサブスクライブとサブスクライブ解除

.NETでイベントをハンドルする方法 サブスクライブ void CustomEven

記事を読む

IntelliTestはどこまでカバーしてくれるのか

私はレガシーな開発環境・案件が多かったのですが、 この頃、ユニットテストを利用する機会が増えてきま

記事を読む

no image

【iPhoneアプリ】Nend広告の実装メモ

広告枠の作成 https://www.nend.net/ 審査前アプリのURL iPhon

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑