【初心者がLINEスタンプ作成に無料で挑戦】①スキャンから線画抽出まで

公開日: : 最終更新日:2014/10/01 LINEスタンプ , ,

私の知人が昨今話題のLINEクリエイターズスタンプへ挑戦することになりました。

PCまわりのサポートは私がすることになりました。

色々手順はあるようですが、家にスキャナがあったので以下の方針で行うことに。

  1. スケッチブックに下書き&ペン入れ&スキャナ取り込み
  2. PCでサイズ調整&線画抽出
  3. PCで色塗り
  4. 提出&審査を待つ

おそらくこんな流れなのかなと思っております。

ほぼペイント系ソフトは使ったことの無い私。

いきなり2.でつまずきましたので手順を残しておきます。

 

FireAlpacaをインストールする

 

画像を加工するためにはソフトが必要になりますので用意します。

無料のペイントソフト「FireAlpaca」を今回は使用します。(投稿時点の最新は1.1.7です)

私はMacで作業しましたがWindowsでも同じです。

 

スキャナで取り込んだファイルを開く

 

メニューのファイル -> 開く、からスキャナで取り込んだファイルを選択します。

2

3

スケッチブックそのままの状態で取り込まれています。

 

必要な部分のみトリミングする

 

矩形選択ツールを選択し、ドラッグアンドドロップで切り抜きたい範囲を選択します。

4

今回はキャラクターの周りを囲いました。

5

選択状態のまま、メニューから、編集 -> トリミング

6

スタンプ化したい部分のみ切り抜くことができました。

7

 

LINEクリエイターズスタンプ用にサイズ調整する

 

Lineクリエイターズスタンプはサイズが決まっています。

詳細はガイドラインを参照してください。

W370×H320なので余白を考えて切り抜いた画像を350×300に変更します。

メニューの編集 -> 画像解像度を選択

8

幅350、高さ300にしてください。

比率の保持にチェックをいれたままにしてください。

幅か高さどちらかは自動調整されます。

9

次にキャンパスサイズをW370×H320に変更します。

10

とりあえずLineのスタンプのサイズになりました。

11

 

線画部分のみ抽出し、背景を透過させる

 

背景の紙色やゴミなどが表示された状態になっているかと思います。

メニューのレイヤー -> 線画抽出を選択します。

12

左右の▲を中心の▲に向かってグイっとやってください。

線画のみ抽出されます。

13 14

 

ファイルを保存

メニューのファイル -> 名前をつけて保存からファイルを保存します。

Files of typeを「PNG」にするのを忘れないでください。

15

保存設定では、「透過PNG」を選択してください。

16

これでサイズ調整と線画抽出(背景透過)が完了しました。

次回は色塗りを行っていきます。

test

 

関連記事

【初心者がLINEスタンプ作成に無料で挑戦】⑥承認された

  審査が開始されてから約2ヶ月後に めでたく初のLineスタンプがリ

記事を読む

【初心者がLINEスタンプ作成に無料で挑戦】③FireAlpacaで文字の縁取り

LINEスタンプでは、たいてい文字は白色で縁取りされているので 同じようなことをしてみる 前回

記事を読む

【初心者がLINEスタンプ作成に無料で挑戦】②絵と文字を分ける

線画抽出された、この絵に色をつけていく 前回:【初心者がLINEスタンプ作成に無料で挑

記事を読む

【初心者がLINEスタンプ作成に無料で挑戦】⑤FireAlpacaで保存&Stampersでお試し

作ったスタンプをLINE提出用の形式で保存してみる。 LINEでスタンプを使うとどんなイメージ

記事を読む

【初心者がLINEスタンプ作成に無料で挑戦】④FireAlpacaで色塗り

といっても塗りつぶすだけである。 陰影をつけたり凝ったことは今回はしないのでご承知置き願う。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑