【iPhoneアプリ】リリース手順〜プロビジョニングプロファイルを作成する〜

公開日: : Blog ,

リリース前にDistribution Provisioning Profileを作成する

手順を以下にメモ(2014年9月22日時点のもの)

profile1

Apple Developerにアクセスし、Member Centerを押す

 

profile2

開発用AppleIDでログイン

 

profile3

Certificates, Identifiers & Profilesを押す

 

profile4

iOS AppsのProvisioning Profilesを押す

 

profile5

 

「+」を押す

 

profile6

App Storeを選択してContinue

 

profile7

個人の場合、自分の名前を選択してContinue

 

profile8

プロファイルの名称を入力してGenerate

 

profile9

プロファイルが生成される。

ここではDownloadしないでおく

 

profile10

Xcodeを起動してPreferences

 

profile11

AccountsタブのView Details…を選択

 

profile12

左下の矢印がぐりんってなってるやつ押す

 

profile13

Apple Developerで生成したプロファイルが追加されていればOK

 

関連記事

Xamarin.Forms で NavigationPage を PushModalAsync すると例外が発生するときがある

Forms 2.3.4.231 Mapコントロールがあるページで、NavigationPage

記事を読む

no image

Xamarin.FormsのAndroidでスプラッシュ画面

Xamarin.Formsでアプリを作成した時、iOSは起動時にLauncher.storyboar

記事を読む

no image

KeyboardNavigation以外でFocusVisualStyleを表示させる

WPFです。 結論としてはリフレクションで無理やりやれなくはなさそうという感じ。 元ネタはMSDN

記事を読む

no image

Developers Festa Sapporo 2016 メモ

ブログ書くまでが、Developers Festa Sapporo 2016 社内とかに展開するよ

記事を読む

【iPhoneアプリ】リリース手順〜審査完了後〜

前回からの続き。 中身が無いアプリだったのでリジェクトされると思いきや 審査に通ってしま

記事を読む

Xamarin.FormsのTabbedPageでバッジを表示する

iOSのタブバーはNative側でバッジ機能があるのだが、Androidにはそもそもバッジが無いらし

記事を読む

UWPをHockeyApp対応させる

走り書きメモ。 UWPをHockeyApp対応させるためにはNuGetパッケージを使ってモジュール

記事を読む

【iPhoneアプリ】自分のiPhoneへインストールする方法

自作のiPhoneアプリを自分のiPhone上で動作させたい場合の手順をメモ ・iOS Dev

記事を読む

[OxyPlot]errro CS0117: ‘Resource.Attribute’ に ‘mediaRouteSettingsDrawable’ の定義がありません

Xamarin.Formsでグラフ描画を行う方法のひとつにOxyPlotというライブラリがある。

記事を読む

NetworkOperatorTetheringManager を使って、モバイルホットスポットをアプリケーションから構成する

UWPアプリケーションからテザリングアクセスポイントの構成を行ったメモ テザリングの Networ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑