【iPhoneアプリ】自分のiPhoneへインストールする方法

公開日: : 最終更新日:2014/09/16 Blog , , ,

自作のiPhoneアプリを自分のiPhone上で動作させたい場合の手順をメモ

・iOS Developer Programの登録が完了している必要がある。

※未登録の場合はこちらの手順に従って登録。

・Xcodeインストール済みのMacと、iPhoneを用意。

自分のiPhoneを開発用の端末として設定する

USBケーブルでMacとiPhoneを接続する。

Xcodeを起動してメニュー->Window->Organizerを選択

1-2

Organaizer上部のDevicesボタンをクリックする。

左側のDevicesリストに表示されたiPhone端末を選択し、

画面下のUse for Developmentボタンをクリックする。

 

1-1

XcodeにAppleIDを追加するか聞かれるので

Addボタンを選択

 

1-3

iOS Developer Program登録済みのAppleIDとパスワードを入力

 

1-4

対象アカウントをチェック状態にしてChooseボタンを選択

 

1-5

開発証明書を要求するためRequestボタンを選択

 

1-6

その後、ViewDetailsボタンを選択する

配布用証明書を要求するためRequestボタンを選択

 

1-7

上記のようになっていればOK

 

iPhoneにアプリをインストールする

2-1

iPhoneとMacを接続した状態で、実行端末を設定済みのiPhoneにする。

そのままデバッグ実行するとiPhone上でアプリが実行される。

関連記事

no image

Visual Studio 2017 Version15.2 にアップデート後、Xamarin.iOS でビルドエラーが発生時の回避メモ

環境 Visual Studio Enterprise 2017 Version 15.2

記事を読む

【WPF/XAML】チェックボックスのデザイン変更

[xml] <Window x:Class="Sample"

記事を読む

IntelliTestはどこまでカバーしてくれるのか

私はレガシーな開発環境・案件が多かったのですが、 この頃、ユニットテストを利用する機会が増えてきま

記事を読む

UWPをHockeyApp対応させる

走り書きメモ。 UWPをHockeyApp対応させるためにはNuGetパッケージを使ってモジュール

記事を読む

[OxyPlot]errro CS0117: ‘Resource.Attribute’ に ‘mediaRouteSettingsDrawable’ の定義がありません

Xamarin.Formsでグラフ描画を行う方法のひとつにOxyPlotというライブラリがある。

記事を読む

no image

【Xcode】Capabilities全項目【v6.1時点】

Capabilitiesの各項目が何を示しているのか よくわからなかった、かつ日本語のサイトが少な

記事を読む

VisualStudio2015でiOSアプリケーション開発

こんにちは。 Windows10にアップグレードしました。 VisualStudioも201

記事を読む

no image

Windows10 IoT CoreでWindowsアップデートの自動実行を停止する

Manage IoT Core device updates このリンクにアップデートコントロール

記事を読む

【ストアアプリ】トースト通知の基本

Windowsストアアプリ開発での基本。 トースト通知について投稿します。 Pack

記事を読む

【ストアアプリ】画面遷移の基本①

こんにちは。 Windowsストアアプリをぼちぼち触り始めています。 WindowsRuntim

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑