Hardware assisted virtualization and data execution protection must be enabled in the BIOS

公開日: : Blog, Microsoft , ,

MacBook Pro + Bootcamp + Windows10 で Docker for Windowsが起動できなくなった

An error occured

Hardware assisted virtualization and data execution protection must be enabled in the BIOS

仮想化無効になってるらしい(いつの間に…?)

systeminfoで確認

Hyper-V Requirements:
– VM Monitor Mode Extensions: Yes
– Virtualization Enabled In Firmware: No
– Second Level Address Translation: Yes
– Data Execution Prevention Available: Yes

MacBook Pro + Bootcamp 環境なのでBIOS触るとか無いと思うのだが、無効になってた。


Mac + Bootcamp 環境では通常仮想化有効で実行される。
有効化されてない場合は、Mac側でサインインして起動ディスクでWindows選んで再起動しなおすだけで良いらしい。


Windows側でDocker for Windows再び起動でうまくいった。
謎現象。

関連記事

no image

FixedDocumentの印刷およびXPS形式での保存

こんにちは。 以前、XAMLファイルを帳票テンプレートとして動的ロードする記事を掲載しました。

記事を読む

【iPhoneアプリ】開発者登録手順(iOS Developer Program) その1

iPhoneアプリの作成からリリースまでの一通りの流れを体験したかったため、 簡単なiPhon

記事を読む

no image

Xamarin.Android フルスクリーン

自分用メモです。

記事を読む

no image

Xamarin.Forms.Xaml名前空間のXAMLマークアップ拡張のメモ

MarkupExtensionsのメモ。あとで確認用 ArrayExtension Bindin

記事を読む

no image

【ストアアプリ】資格情報の保存と読み込み

こんにちは。 Windowsストアアプリで資格情報をセキュアに保存する方法について。

記事を読む

no image

【VB.NET】DataGridViewで行の最大高を設定

DataGridViewにおける行の最大高さを設定するメモ 最大高さに満たない場合は内容を全て表示

記事を読む

no image

UWPでローカルにNoSQLデータベースを作成したい

LiteDBを使う CRUDの例 公式サンプルのとおりやるとデータソース指定のときに権限エ

記事を読む

UWPをHockeyApp対応させる

走り書きメモ。 UWPをHockeyApp対応させるためにはNuGetパッケージを使ってモジュール

記事を読む

【VisualStudio2015】UWPアプリケーションのXAMLデザイナにて「パッケージを登録できませんでした。」

VisualStudio2015 / UWPアプリケーション / XAMLデザイナ / エラー のメ

記事を読む

拡張温度に対応した Windows 10 IoT Core ボード

Windows 10 IoT Core 対応ボード その2 こっちは拡張温度対応している。 Ban

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑